人と地球の架け橋に 竹中土木

CSR情報

安全と健康に配慮した作業環境の整備

トップパトロール

7月1日〜7日まで全店で一斉に展開された「全国安全週間」期間中の7月2日(木)、福井県越前市で施工が進む北陸新幹線 武生橋りょう他工事作業所にて社長以下、森田常務・竹中常務らがトップパトロールを実施。今回は参加者全員の検温・消毒・マスク着用など「新型コロナウイルス対策」を徹底…職員・作業員たちの労をねぎらいつつ工事の状況と安全対策を視察し「労働災害ゼロ」に向けて安全意識の向上を図りました。
パトロールを終えた社長は、「現場は整理整頓され危険な要素は見受けられなかった」と講評した上で、「建設業は危険の中にいることを皆で認識し『安全管理』を自ら徹底していくことが一番大事。新型コロナウイルス感染症や熱中症など健康管理に細心の注意を払いながら、建設業の魅力向上のためにも「災害ゼロ」を継続して無事故・無災害で竣工して欲しい!」と激励しました。
現場の安全・環境対策やICTを活用した土工事の概要について説明を受けた後、現場を巡回視察した竹中社長と森田安全衛生管理中央委員会委員長は、職員並びに協力会社作業員の労をねぎらうとともに、「職場に潜む危険を見逃さないよう注意を払い『不安全行動絶無』への努力を怠らないように」、「これからの夏季作業においては熱中症対策を徹底し体調管理に充分気を配るように」、そして「災害ゼロから危険ゼロを目指して一人ひとりが高い安全意識を持って欲しい!」と安全衛生管理へのさらなる意識向上を呼びかけました。

トップパトロール

『労働災害ゼロ』を目指して

当社は、労働災害につながる様々な潜在的危険要因を排除し、災害発生リスクの低減に努めています。
2020年、当社は次の5項目について実施事項を定めて活動しました。

❶「墜落災害防止」を最重点方策とする安全衛生管理活動を実施
❷「ヒューマンエラーによる災害防止」を目指した安全教育を徹底
❸ 自然災害を想定した作業中止基準・避難計画策定と訓練実施
❹ 安全優先の施工計画策定と施工段階における詳細手順の確認
❺ 作業環境および作業内容に応じた適切な保護具使用の徹底

特に、「墜落災害防止」と「ヒューマンエラー防止」については、昨年に引き続き「特別安全パトロール」を毎月実施しました。また、垂れ幕の掲示や小冊子の配布等によって安全意識の向上を図り、潜在する危険をより小さい段階で把握して摘み取る活動を展開しました。
ヒューマンエラーを防ぐことは非常に難しいことですが、今後も重点課題として継続して取り組んでいきます。

掲示板

「ヒューマンエラー防止」対策として配布した小冊子

「ヒューマンエラー防止」対策として配布した小冊子

労働者の『健康管理』

建設工事に従事する労働者の健康を守るために、次の5項目について重点管理・指導を行っています。

❶ 熱中症予防対策の推進
暑熱環境下での労働者の熱中症予防対策として『教育用小冊子』を用いた労働衛生教育や『熱中症指数計』を使った『暑さ指数』の測定。

❷ トンネル坑内の快適な職場環境の維持
『電動ファン付き防じんマスク』の適正装着と坑内の集じんと換気を適切に行なうことで、適正な作業環境を維持。

❸ 化学物質におけるリスクアセスメントの取り組み
化学物質による健康障害を防ぐためSDS(Safety Data Sheet=安全データシート)交付義務がある物質を扱う場合の適正な体制確保。

❹ ストレスチェック制度
ストレスチェック及び面接の実施、並びにメンタルヘルス対策や職場環境改善の取り組みを推進。

❺ 働く人にやさしい建設現場を目指して
事務所内に更衣スペースを設けたり現場詰所に洗浄機能付きトイレを設置するなど、快適な職場環境の整備・推進。

化学物質による健康障害を防ぐ啓蒙ポスター

化学物質による健康障害を防ぐ啓蒙ポスター

「防じんマスク適正使用」啓蒙ポスター

「防じんマスク適正使用」啓蒙ポスター

詰所に洗浄機能付きトイレを設置

安全看板の多言語標記

救護訓練を実施

救護訓練を実施

建連の快適職場「プラチナ」認定

日建連の第3回「快適職場認定」において、当社の2つの作業所…「茨木市南目垣東野々宮土地区画整理作業所」と「東北自動車道仁良塚高速道路橋耐震補強作業所」が、働きやすい環境整備への取り組みレベルが高いとして「プラチナ認定」を受領しました。
今後も、技能者が安全・快適に働ける環境整備を推進していきます。

建連の快適職場「プラチナ」認定