人と地球の架け橋に 竹中土木

CSR情報

多様な人格・個性が尊重される職場

多様な人材…ダイバーシティの推進

当社は、性別・国籍・年齢などにかかわらず、多様な人材の誰もが働きやすい職場環境の構築を目指して、ダイバーシティ・マネジメントを推進しています。
近年は、インドネシア・中国・韓国などからグローバルに人材を採用・育成しています。
増えつづける女性技術者を含む新卒採用はもとより、即戦力として期待されるキャリア採用を推進して有為な人材を確保。また、定年再雇用の促進により経験者が持つ「知識・技術の伝承」と若い技術者のスキルアップ等にも力を注いでいます。
当社は、今後もダイバーシティの意識醸成を図りながら、多様な社員一人ひとりがより働きやすい職場環境を実現する施策を推進していきます。

外国籍のグローバル社員が活躍/キャリア採用の技術者が現場の即戦力に…

外国籍のグローバル社員が活躍

キャリア採用の技術者が現場の即戦力に…

女性技術者&女性管理職が活躍/定年嘱託のベテランが「知識・技術」を次世代へと継承

女性技術者&女性管理職が活躍

定年嘱託のベテランが「知識・技術」を次世代へと継承

現場で活躍する女性技術者

Voice

「土木」を志した初心を忘れずに一歩ずつ…

現在は、土壌・地下水対策の担当として大阪本店の作業所に赴任。関東出身の私にとって初めての大阪暮らしは戸惑うこともありましたがとても楽しく過ごしています。
このまま土壌の道を進むのか…現場で「土木」のスキルを磨くのか…気持ちは固まっていませんが、いずれにしてもチャンスがあれば後世に遺る“土木構造物”の現場に携わってみたいですね。
「未来の社会をかたちづくる夢のある仕事」…そんな土木のものづくりを志した初心を忘れずに、一歩一歩キャリアを積み重ねていけたらと思っています。

神宮司 早織さん
神宮司 早織さん

東京本店 /工事部 土壌環境グループ

神宮司 早織 さん

女性にとって働きやすい職場へ

女性にとって働きやすい職場へ

当社は、女性社員の就業継続とキャリアサポートに焦点を当てたダイアログ等を通じて「女性活躍推進」を加速させています。
また、年々増加する女性技術者にとって“快適に働ける職場”を整備するために、2017年より作業所等の「女性パトロール」を実施…女性目線からの意見を労働環境の改善に取り入れています。
このような当社の取り組みは、女性活躍推進に貢献する活動を表彰する「日建連けんせつ小町活躍推進表彰」において、2016年と2018年の2度「優秀賞」を受賞としました。
また、2018年には厚生労働大臣より女性活躍推進に関する状況等が優良な企業として「えるぼし」認定を取得しています。

けんせつ小町活躍推進表彰

2016年、2018年の日建連「けんせつ小町活躍推進表彰」において「優秀賞」を受賞

「えるぼし」認定

女性技術者が管理職として活躍の場を広げています

工藤 幸江さん

東北支店/営業部 官庁グループ 課長

工藤 幸江 さん

Voice

「土木」を志した初心を忘れずに一歩ずつ…

初めて配属された現場が大規模な宅地造成工事…多くの先輩方にご指導をいただきながら、土工事・構造物・管工事など多様な工種を経験。当時は“女性の施工担当”という珍しさもあってか皆さん優しく…協力会社や地元の方々とのやり取りはとても新鮮に感じていました。
社会の流れは“働き方改革”へと進み、女性にとって働きやすい環境になりましたが、業務の効率化が求められ、私たちの時のように“時間をかけて経験を積む”ということが難しくなったように思います。また、出産や子育てなど女性が働き続ける上で悩むことは多々…そんなライフイベントを乗り越えて仕事を続けていくには、“周りの方々の理解と協力”が重要です。常に『今できることにベストを尽くす』という姿勢で、元気に全力を出して事にあたれば、必ず周囲に伝わり誰かが助けてくれる…。コミニュケーションは“考え方や知識の源泉”ですから、若い人たちには気軽に聞く姿勢で積極的に人と交流して欲しいですね。