人と地球の架け橋に 竹中土木

CSR情報

地域社会の持続的な発展に寄与します

建設事業は地域の経済やそこで暮す人々の生活と密接に結び付いています。
私たちは地域の皆さまとの相互理解に努め、地域社会と良好な関係を構築しながら事業活動を行うとともに、良き企業市民として地域社会とのコミュニケーションを大切にしながら社会貢献活動を推進しています。

社会貢献活動の推進・支援

竹中グループは、全国各地の事業所・作業所において地域コミュニティとの交流を深め、良好な関係を維持・発展させていきたいと考えています。
地域住民との相互理解に努め環境保全と地域の発展に寄与するため、従業員が行う社会貢献活動を積極的に支援するとともに、地域・行政をはじめ教育機関やコミュニティと密接に関わっているNPO・NGOとの連携・協働にも努めています。

全国各地で工事見学会等を開催

当社は、全国各地で進める建設工事において、ステークホルダーの皆さまとの交流を通じて、土木工事への理解を深めていただく多様な活動を行っています。
熊本市で進めるトンネル工事作業所では、発注者である熊本市役所の技術系職員35名を招いて工事見学会を開催。工事の進捗状況を公開するとともに、当社の技術力や安全対策などをアピールしました。

地域住民を招いて下水道整備工事見学会を開催

地域の要望に添った交通安全対策

住宅地に囲まれたニュータウンの中で行われる宅地造成工事では、地元への工事説明会において「住宅地内の道路が大型商業施設への抜け道になっていることが心配…」との声が上がったため対策を検討。抜け道となる道路に安全標識を設置して通行するドライバーや付近の住民に“注意喚起”を促す取り組みを実施しました。

地域イベントへの参加

地域イベントへの参加

当社は、地域で開催される様々なイベントへの参加を通じて地域コミュニティと交流を図っています。
熊本市のトンネル工事においては、地元の式祭典「梅林公園梅まつり」に作業所の職員が参加。梅まつりに集まった地域の皆様50名程と親睦を深めました。

地域イベントへの参加