人と地球の架け橋に 竹中土木

CSR情報

知的財産の創出と活用

当社は、特許権や商標権など『知的財産権』の創出に力を注ぎ、その活用にも積極的に取り組んでいます。
竹中技術研究所を中心に、様々な分野での研究開発から設計・施工までを対象とし、これら『知的財産権』を活用することによって当社の独自優位性を長期的に維持することが可能となります。

近年「特許出願」「権利取得」した技術

◉Face Condition Viewer 「切羽挙動監視システム」
 山岳トンネルの切羽掘削面での岩石落下や崩落の兆候をレーザーで捉え、リアルタイムで可視化して警報発信する技術。
神戸大学他と共同開発した本技術は、2019年度の官民研究開発投資拡大プログラム「PRISM」に選出されました。

「トンネル切羽変状可視化システム」適用状況

端末に映し出される画像

切羽挙動監視システムの概要